◎Minami-Alps.Photo.Magazine

あの長いトンネルを抜けると富士山だった・・・

f0081726_1025479.jpg

川端康成の「雪国」ではありませんが
ついつい誰もが作家になっしまいそうな風景に出会うことがあります。
暗くて長い御坂トンネルを抜け、しばらくすると
それは今まで甲府からは見えなかった
恐ろしいほどのでっかい富士山が目の前にガツンとやってきます。

雪が降ったあとの富士山も、もちろんきれいですが
こうして眼下の雪に埋もれた
真っ白な富士河口湖町がとてもステキです。
この季節に見られる雪国のような静かな街並み・・

我が家へ帰る途中、どうしても撮りたくなりました。
だんだん暗くなると、家々から灯りがともり
1日の終わりを感じてしまう夕暮れ時です。
寒さをしのぐ語らいが聞こえてきそうですね。
下を走る車も急ぎ足。


ちなみに鳥待ちの車内では、ヒマをもてあまして色々本を読んでしまいます。
そういえば、最近、気になる一言を読んでしまいました。
「恥の多い生涯を送ってきました・・・」
振り返るとそんなことばかりのような・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2009-01-16 19:55 | ふるさとの風景 | Comments(12)
Commented by てるてる at 2009-01-16 23:39 x
「恥の多い生涯を送ってきました・・・」
太宰治「人間失格」冒頭書き出しですね。
この書き出し、心の琴線と共鳴してしまうんですよね。

人の営みが、いとおしく感じてしまう、町の明かりですね。
富士山はこうしていつも見守ってくれているんですね。
優しい眺めです。
Commented by littlealps4383 at 2009-01-17 08:34
てるてるさん、おはようございます。
そうです、太宰治ですね。
時々このフレーズが頭をよぎります・・
天下茶屋が近くなので、ついつい浮かんでしまいました。
今日から静かでボチボチした更新が始まりそうです・・
Commented by JOHNNY at 2009-01-17 10:05 x
久しぶりにのぞいてみたら
すばらしい富士山・・・
遅くなってしまいましたが明けましておめでとうございます。

この作品。苦しくなりすぎてしまうので
私は一度読んだきり、もう一度読む気になれないのですが(笑)


恥の多い・・・ですか。


私も振り返ると、人を傷つけてしまってた事があった事を思い出し
そのときの事を考える始めると、後悔と自分の勝手さとで
申し訳なくてしかたなくなります。
この場を借りて・・・
本当にあの時は、優しさに甘えすぎて
自分勝手でご迷惑おかけしてごめんなさい・・・・
Commented by littlealps4383 at 2009-01-17 11:34
JOHNNYさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
富士山を撮った場所がちょうど、太宰が滞在した
天下茶屋の近くだったので、ついつい・・笑
別冊宝島から太宰と夏目の特集冊子が出ましたよね。
ボクはバッグに忍ばせて、ヒマなとき読んでます・・
JOHNNYさん、何もここで謝らなくても・・あはは。
誰だって色々傷つけて、失敗ばかりの繰り返し・・
ボクもそんなことがたくさん詰まった人生を引きずってます・・
悲しく、切ないとき、自然が癒してくれます・・
さ、今日も始まりました・・ボクはちょっと走り込んできまたよ。笑
Commented by minami-521 at 2009-01-17 14:40
こんにちわ~!
素晴らしい写真に心が洗われます・・・・。
山あいの町の雪景色も好きですし・・・ほんとに癒されます^^

「この写真にくぎづけ」も、先日見てまいりました。
あのお猿さんに、一目でいいからお会いしたくなります^^
Commented by eos44 at 2009-01-17 17:29
こんにちは。
ほんとにきれいな富士山ですね~。
その周りの風景もしっかりと取り入れておいでなのがすばらしいですよ。
Commented by littlealps4383 at 2009-01-17 20:20
minami-521さん、こんばんわぁ。
寒いですけど、あったかい・・そんな雪国のような気がして・・笑
おさるの写真を見て頂いてありがとうございます。
この1週間お祭りのようにごった返していましたが
今はとても静かですぅ・・・・さぶっ。
Commented by littlealps4383 at 2009-01-17 20:22
eos44さん、こんばんわぁ。
富士山はやっぱりドンとしてて落ち着きます。
今がいちばんきれいですかね。でもとても寒い・・
Commented by at 2009-01-19 02:12 x
長いトンネルを抜けると こんな景色に出会えるなんて
幸せですね(^-^)ニコツ♪
街の灯りが、灯り また、朝を迎えて消える。
それを 富士山が 大きな心で見守っているようで
とても 好きな情景です♪
富士山と結びつく本と言えば「フランダースの犬」が思い出されます。 ネロとパトラシュが、神の光に導かれてレーベンスの絵を見て
感激するシーンが いつも 思い出されます。
あの最後のシーンは、何度 見ても 涙が出ます。
うまくお話出来ないのですが(汗)
Commented by littlealps4383 at 2009-01-19 20:42
渚さん、こんばんわぁ。
ここは、甲府盆地からひとあな抜けて見る富士山なんですよ。
ボクは、「フランダースの犬」のストーリーが分かりませんが
渚さんは富士山でそんな光景を思い浮かべるんですね。
知らなかったなぁ・・
ボクは、小さなとき、トンネルを抜けたあとの
この富士山が好きでした。
Commented by 北杜ナビ! at 2009-02-06 03:53 x
うまい!
写真相変わらずうまい!

見入っちゃいます。
Commented by littlealps4383 at 2009-02-06 21:50
北杜ナビさん、こんばんわぁ。
ご無沙汰しています。笑
ん~写真ですが、お褒め頂くのはとてもうれしいですが
最近、やっぱり下手だなとつくづく反省しています。
どれも二流三流ですね。笑
もう一度、原点に戻り、勉強しなおしが必要です。
精進です・・・