◎Minami-Alps.Photo.Magazine

夏空にD51が走りぬけて行く・・・

f0081726_184442.jpg


6月の暑くて青い空が広がる田んぼの畦道。
ずっとD51を待ち続けている畔道。
時折、白い雲が太陽を隠して涼しい時間も流れました。
家に帰ると焼けたねぇ・・と言われました。
子どもの頃から外で遊べと言われていたものだから
夏が始まる頃から、腕や首、そして顔が小麦色になる季節。
ニッポンの夏はいいなぁ・・と思うわけです。
[PR]
by littlealps4383 | 2010-06-06 19:14 | ふるさとの風景 | Comments(4)
Commented by chigsas at 2010-06-06 19:55
列車がすれ違った瞬間? ですか
昔の夏休み風景、田んぼの稲がもっと育っていたかしら。
連れ立って、遠くの線路まで汽車を見に行きましたね。
Commented by littlealps4383 at 2010-06-07 20:41
chigsasさん、こんばんわぁ。
光の加減で黒いボディと青のボディとが
別れているように見えますが
実は1車両・・ずっとつながっているんです。笑
国鉄の頃と比べれば随分と端正な環境になりましたね。
久しぶりに田舎日和を満喫しました。
Commented by small-talk at 2010-06-07 22:42
SL、やっぱり良いですね。
後ろにディーゼル機関車を連結していますが、何ででしょうね?
Commented by littlealps4383 at 2010-06-08 13:02
small-talkさん、こんにちわぁ。
SLカッコよかったです。それと哀愁が・・笑
今回はSLDLで小淵沢駅行がSL
甲府駅行がDLだったんです。
それに勾配のきつい場所ではDLが
プッシュプルしていたんだそうですよ。