◎Minami-Alps.Photo.Magazine

甲州市慈雲寺のイトザクラは少しづつ咲き、放光寺のサクラはひらひら・・・。

暖かな休日。里山は遠くからでもひとめでサクラの咲いてる場所が分かるようになった。
みなさんサクラに向かってまっしぐら・・・。毎年毎年同じサクラを見ても飽きが来ないのはどうしてだろうか?今年も咲いたなぁ・・と上を見上げては至福のひととき。
仕事を終えて、放光寺に向かう。
放光寺は寿永三年(1184)甲斐源氏の一族である安田義定が創建したお寺である。恵林寺とともに甲斐の名刹。サクラ並木を歩くだけで、歴史が体を通り抜けて往くようだ。
f0081726_20233072.jpg
f0081726_20234751.jpg

1年の中でサクラの満開が見られるのは春のほんのひととき・・・。
うっかりしていると毎年見逃してしまいそうなので、今年は2,3年分くらいまとめていろんな所に見に行こうと思う。
f0081726_18303719.jpg

サクラも一仕事終えて、夕暮れ時はひらひらと舞い落ちている。今日も頑張ったんだね。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-04 22:30 | ふるさとの風景 | Comments(1)
Commented by 山本育夫 at 2006-04-04 22:48 x
おつかれさま。いい写真ですねえ。写真家ですね、もう。明日はよろしくお願いします。午後には雨が上がってくれるといいのだけれど。