◎Minami-Alps.Photo.Magazine

45年前の風景・・・ボロ電が走っていた頃。

昭和37年に廃線となった「ボロ電」こと山梨交通電車。
この写真は現在の南アルプス市今諏訪付近である。この先ボロ電は釜無川にかかる開国橋を渡り一路甲府へと向かう。ボロ電は甲府と山梨県西部を結ぶ唯一の交通手段であったが、自動車の普及に伴いバスの運行が増加し、ついにはその姿を消してしまうのです。
そして、今全国で路面電車が存続の危機に瀕しています。失うことはいとも簡単ですが、復活することは容易ではありません。誰もが楽しめるまちづくりを目指すとき、こうした路面電車がとても魅力的に映りますね。
1961年(昭和36年)12月16日に花上嘉成氏撮影。
f0081726_1658466.jpg

あれから、45年が経った・・。
f0081726_1271097.jpg

現在はガソリンスタンドやコンビニなど賑やかなまち並みが広がっています。
唯一変わらないのが南アルプスの山容。白銀の間ノ岳、農鳥岳がボロ電を見下ろします。
そして、人々の日常を見つめています。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-05-12 20:43 | 山梨交通電車「ボロ電」 | Comments(0)