◎Minami-Alps.Photo.Magazine

初秋の乙女高原・・・オヤマボクチ

オヤマボクチ  キク科 Synurus pungens
f0081726_1621594.jpg







色々な事情が重なり、夏休みが計画倒れとなり、行く手を塞がれてしまっています・・・。
そういえば、北岳には7月の初旬に計画していたけど、天候不順で没、また計画したら、それも台風だかで没、そして今回3度目の正直でやっと入り口の広河原までたどり着いたのにあえなく撃沈。ついていません。気持ちは完全になえてしまいました。今年は北岳に行かないほうがいいのかな・・。
で、仕方なくヒマをもてあましてしまったので、今日は北岳と反対方向の山梨市乙女高原へ向かいました。乙女高原は初秋の風がそよそよ吹き秋の花達が一面にと・・・・・思いきや、少し歩き出したら瞬く間に激しい雨に見舞われました。そしてずぶ濡れ。
どーいうこと?なぜ?何か悪いことした?自問自答で時間が過ぎてゆきます・・・。
お墓参り行ったほうがいいのかなぁ・・、それとも大殺界かな、厄年だからかなぁ??
こうしてブツブツそんなこんなことを考えていたら、とうとう夕方になってしまっいましたぁ。
今年は色々なことが裏目に出ているなぁ。関わること全てがダメなんです。
関係する方々・・本当にごめんなさい。こんな年周りのボクに構わないで、って感じです。
振り返ってみたら、ボクが携わったNPOのガイドツアー、甲斐市も雨、一葉ツアーも雨、富士吉田ツアーも雨。雨、雨、雨。まるで八代亜紀。
ということは、今後秋のツアーは「亜紀」のような雨乞い厄のボクが関わらないほうがいいかもしれません。あーあ・・。


で、色々考えた末、結論が出ました。


                           









細木数子の本買ってこよっと。



どなたか、良きアドバイス・・・お願いしますぅ。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-08-21 18:59 | ふるさとの花 | Comments(1)
Commented by photokuu at 2006-08-22 18:48
こんばんは。
雨模様の泣くに泣けない時期があったみたいですね。でも、
悪天候が続いてもいつかは晴れ間が出てくると思うよりないの
ではないでしょうか。