◎Minami-Alps.Photo.Magazine

南アルプス市芦安の1日

軒先に唐辛子と採りたての大根が日光浴。
冬の風物詩ですね。
昔、傾いたオンボロのわが家でも
おふくろが白菜を干してました。
坂道が続く小さな谷間の集落・・。
f0081726_2002944.jpg

芦安地区では、
あまりお蔵が残されていません。
f0081726_201264.jpg


今でも井戸水を
生活に使っています。
f0081726_2011099.jpg


生活の様子が垣間見えますね。
f0081726_2071365.jpg


かつての郵便局。
小さな「〒」のマークが残されています。
f0081726_2013237.jpg


家の裏側にひっそりと祀られている
とても小さな六地蔵さま。
f0081726_2013979.jpg

リコーGRD



11月の御勅使川の紅葉です。
北岳へ行くため、夏の間
何度もこの前を通り過ぎて
行きました・・・。
f0081726_2063134.jpg

リコーGRD
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-18 20:18 | ふるさとの風景 | Comments(2)
Commented by eos44 at 2006-11-19 20:31
littlealps4383さんこんばんわ。
どれも今の時代ではないような感覚になりますね。
家の田舎でも同じような風景を見たことがあります。
ほんとに良いところですね。落ち着きます。
最後の紅葉は見事ですね!
Commented by littlealps4383 at 2006-11-19 22:02
eos44さん、こんばんは。芦安地区は深い谷間に出来た集落で、とんでもないところに民家があったりします。急峻な谷は南アルプスの特色です。住む人にとっては大変だと思いますが、田舎はとても落ち着きますよね。残されているのはおじいちゃん、おばあちゃんだけです。この先日本の原風景はどうなってしまうんでしょうか・・・?