◎Minami-Alps.Photo.Magazine

昼時のサル

f0081726_15542368.jpg

芦安の入り口で営む
サルの群れ。
そのリーダー的存在のサル。
群れを遠くから見守ります。




f0081726_20273517.jpg

お~かいぃなぁ~。
乾燥してますからね。
お肌(毛並み?)のお手入れにご注意。
人間もおサルも
お~かいいなぁ~。

どーでもいいけど、
足でかくな、足で。
手を使いなさい。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-12-04 20:40 | 南アルプスの動物 | Comments(6)
Commented by eos44 at 2006-12-04 22:06
こんばんわ~(^^)
オサルさん、とても良く撮れていますね。
それにしても2枚目のコメント、思わず笑っちゃいましたし、頷きましたよ。
確かに手を使ってかいたほうが良さそうですね~。(笑)
Commented by 拓隊長 at 2006-12-04 23:36 x
m(__)mおばんです!?ご無沙汰でした。その辺りの猿は、動じませんね(^^ゞ先月、アップしましたが私も長峰林道で一時間ほど眺めていました(^^)ではでは
Commented by 武士の二分 at 2006-12-05 02:19 x
こんばんは。芦安の日本猿、いい風貌をしていますねぇ。見事なショットです。私の家の近くではクマ騒ぎがありました。翌日、新聞を見るとクマの「駆除」という見出しがありました。駆除ねぇ~。人間が動物の世界に
近づきすぎているのに、動物が近寄ってきていると見ているわけです。
こういう人間中心主義が環境問題を生むのでしょうね。ゴキブリの駆除
というのは違和感がないけれど、クマの駆除というのはどうも。
三十年くらい前までは、うまく共存できていたような気がするのですが。
やはり、急速な近代化が生んだひずみです。
Commented by littlealps4383 at 2006-12-05 20:12
eos44さん、こんばんは。
野生動物との出逢いはなかなかありませんが、出会えたとき、じっくり観察するととてもおもしろいですね。
今年クマの全国的にクマの出没事件が多発しましたが、クマさんも実にかわいいです。
間違った見識が氾濫してます。
正しい知識はまずじっくりと観察することから始まります。
Commented by littlealps4383 at 2006-12-05 20:18
拓隊長、こんばんは。ご無沙汰をしています。
長峰林道の写真拝見させて頂きました。
猿害が多発していますね。
サルは学習能力が高いですね。
新世代のサルたちが人間との干渉を高めています。
自然は微妙なバランスで保たれていて、森から離れてしまった
人間だけが、それに気がついてないというか、
見失っているんだと思います。
これからも、野生動物の観察は続けていきます。
ていうか、ワシ・タカが専門なんですけどね・・。笑
Commented by littlealps4383 at 2006-12-05 20:26
武士の二分さん、こんばんは。
毎度貴重なご意見ありがとうございます。
今年は、クマと人間のトラブルが続きましたね。ボクも愕然としています。
クマの「駆除」という人間側の都合だけで表現されてしまう状況が
続いていますが、実は「お仕置き放獣」にも問題があります。
クマの学習能力は極めて高いため、お仕置きして放しても
人間を逆恨みして襲う個体も生まれるようです。
実は今、サルも増え、シカも増えています。森林内の状況は
よく分かりませんが、どうやら、クマも増えているのではないかと・・。
すでに、人間を軽視する新しい世代のクマが今年のような事件を
起こしているのではという考え方も出来ます。
要は、しっかり生息数の把握や動態調査などをするべきだと思います。
やみくもに殺処分しても、それは一時的な解決策でしかありません。
哺乳類の調査はかなり体力勝負で、人間を辞めないと十分な調査が
出来ないのかもしれません。笑
これからもボクなりにデータは蓄積していくつもりです。