◎Minami-Alps.Photo.Magazine

南アルプス市春を告げる「若草十日市」

f0081726_18344838.jpg

春を告げる「若草の十日市」がやってきました。
ないのもは「猫の卵と馬の角」
と言われるほど、さまざまな商品が軒先を飾っています。
十日市の歴史は古いんですよ。
1534(天文3)年以前から開かれていたそうです。

その頃の甲斐の国といえば、
武田太郎(信玄)が元服して将軍義晴の諱(いなみ)を受けて
晴信と名のる頃ですね。1536年(天文5)。

この市、元々は年6回開かれていたそうです。
十日市の市神さまは「鼻採地蔵」。
農繁期に神様が子どもに姿を変えて
田をすく馬の鼻をとって村人の農作業を手伝ったという
言い伝えが残されています。


露天商から元気な声が
聞こえてきましたぁ~。




縁起物です。
おめでたいがわんさか詰まってます。
これ以上の「オメデタイ」はないなぁ~。
f0081726_184139.jpg


七福神が宝船に乗ってどんぶらこっこ・・
f0081726_18411070.jpg


ダルマさん、おしくらまんじゅう。
おぃおぃ、押すな!
落ちちゃうよ・・。
f0081726_18411910.jpg


この日のために丹精込めて造られた木製品。
木の香りがとても心地良いです。
特に臼は見ごたえがあります。値段もビックリ。
さすが、職人技です。
f0081726_18412646.jpg


お正月に使った我が家の持ちつきも
十日市で買った杵が大活躍。
f0081726_18413343.jpg


おぉっ!アユの塩焼きまで売っているゾ。
アユの塩焼きは川魚の中でも臭みが無く
とても美味しんです。
1匹買っていこうかなぁ・・。
f0081726_18414222.jpg


おぃちゃんの口上がとてもおもしろい。
なんだか、寅さんみたい。
早口で何だか訳が分からないけど
とても細かくブレンドをしてくれています。
あ、七味唐辛子だす。
今日は中辛で、香りを強めにお願いね。
あぃヨ!
f0081726_18414977.jpg


出来上がったオリジナルブレンド「十日市」。
f0081726_18415741.jpg


今日はポカポカ陽気で
お客の入りは絶好調!
いらっしゃ~い!
f0081726_1842439.jpg


幸運の色をまとったダルマさん達。
お~ぃ、早く家へ連れて行ってくれよ~
f0081726_18421017.jpg


まいどぉ~!
誰ですか?全色買って抜け目ない幸を
呼ぼうなんて。
欲をかいちゃぁ~いけないなぁ~
f0081726_18422372.jpg


おいらを買って行ってくれぇえ~早く目を入れてくれぇ!
と迫ってきたダルマさん。こちらは普通のダルマさんです。
f0081726_18423230.jpg


十日市は毎年2月10日・11日の2日間開催されます。
今年の人出は15万人・・・。
す、すごい。
f0081726_18424022.jpg


ということで、
次回に続きます・・・m(_)m
[PR]
by littlealps4383 | 2007-02-12 19:08 | ふるさとの風景 | Comments(2)
Commented by eos44 at 2007-02-12 21:03
こんばんわ~^^
すっごい派手な飾り物ですね~。
にぎやかさがあっていいですね~。o(*^▽^*)o
Commented by littlealps4383 at 2007-02-13 19:09
eos44さん、こんばんは。
京都ではこういう縁起物が売られていませんか?
山梨では、写真のすだれのような縁起物が露店で
売られるんですよ。商売繁盛なんです。