◎Minami-Alps.Photo.Magazine

スノーモンキーの生活

f0081726_2135052.jpg

ずっとずっとここで暮らす
おサルさんたちのことが気になっていたので
正月休みを利用して雪のなか会いに行きました。
長野県山之内町上林温泉地に駐車して
真っ白な雪の遊歩道を30分ほど歩くと
ほどなく地獄谷温泉に到着します。

受付のお姉ちゃんに入苑料500円を払い
川沿いを上流に向かうと
すでにお風呂に入っているおサルさんたちを発見。
見た瞬間、こっちがうろたえてしまいました。ぷっ

外国ではおサルは熱帯地方に住む動物という
イメージが強く、こうして雪のなかで
暮らすおサルはとても珍しいんだそうです。
しかも、温泉に浸かるという大胆不敵な暮らしぶり。
そんな暮らしぶりが「スノーモンキー」という名前で
世界的に有名になっています。
この日も日本人よりも外国人のお客さんが
圧倒的に多かったですよ。

地獄谷温泉野猿公苑は1964年に開苑。

その後2歳のおチビが温泉に入っている
ところを目撃されたのをきっかけに
おサル専用の露天風呂が作られたそうです。
200頭ひと群れのおサルたちが毎朝
山からやって来ます。

南アルプスでは、高山にサルがやってきて
高山植物を食い荒らすとか
畑を荒らして困るという厄介者ですが
元はといえば、人間が引き起こした現象。
おサルさんたちには気の毒です。

ということで、数回にわたって
ここ地獄谷のおサルさんたちを
レポートしますね。



ちょっと天然パーマなおサル
みんなそれぞれ個性があって面白い。
f0081726_18394421.jpg

身をゆだねています。そして極楽・・・。
f0081726_18395197.jpg

人間がたくさんいても、おサルたちは一向に気にしません。
温泉がイチバンだそうです。
温泉に入ってはグルーミングに夢中です。
f0081726_18395857.jpg

地獄谷温泉噴泉
f0081726_18401344.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2008-01-24 19:02 | 地獄谷野猿公苑 | Comments(4)
Commented by jiyuri2007 at 2008-01-24 21:15
おさるときいて
人事でない私です・・・理由は後ほど・・♪
Commented by hanmaondo at 2008-01-24 22:25
楽しんでますねー、え、猿ではなくてリトルアルプスさんが(笑)
それを絵に感じました。
楽しくって夢中で撮る、そんなカメラ行脚をしたいですね。

Commented by littlealps4383 at 2008-01-25 20:17
jiyuri2007さん、こんばんわぁ。
ご家族に言われましたか・・・
ここのおサルたち、とてもかわゆいです。
Commented by littlealps4383 at 2008-01-25 20:19
hanmaondoさん、こんばんわぁ。
そりゃぁあ楽しかったですよ。
シャッター押したり、眺めてみたり・・
また行きたいですぅ。