◎Minami-Alps.Photo.Magazine

カテゴリ:南アルプスの動物( 21 )

クロネコのまなざし

f0081726_2116519.jpg

クロネコが道を歩いていた。
遠くから、そっとレンズを向けると
何かを察したのか、突然振り向いてこちらをにらんだ・・。
ぼくは何かを出しているのだろうか・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2016-06-14 21:17 | 南アルプスの動物 | Comments(2)

師走の雑木林

f0081726_2140120.jpg

たっぷり陽のひかりがたまった落ち葉のなかでほっこり・・・
良い週末を・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2015-12-04 21:41 | 南アルプスの動物 | Comments(0)

境界線

f0081726_19381893.jpg

牧場のなかで、人の生活のために生きるウシと
増えすぎてしまい、人から追われるシカが一緒に草を食べていました。
ホントはウシのエサ場なのに、シカたちはちゃっかり現れて
おすそわけをしてもらってます。
ぼくたち人間のすきをついて、野生動物はたくましく生きています。
撃っても撃っても減らないニホンジカ。
こんなところに盲点があったりします。
実は人がシカを増やしているんです。
[PR]
by littlealps4383 | 2012-06-19 19:46 | 南アルプスの動物 | Comments(4)

泳ぐ猫

f0081726_20443814.jpg

夕暮れ時、あの鳥が今か今かと現れるのをまっているとき
ふとうしろをみたら、ノラネコが1匹、川岸にたたずんでいました。
様子を見ていると、あれま、この冷たい川を泳いでいくではありませんか。
対岸につくと、からだの半分を水のなかに入れたまま
前足で何かをごそごそしていました。
すると、再び泳ぎだして、またもとの岸へ着き
何事もなかったかのように、葦原へ姿を消していきました。
わずか、数分間のできごと。
冷たい川を泳いでもたどり着きたい何かがあったのでしょうか。

「泳ぐ猫」。タイトルだけ直木賞や芥川賞のようですが
内容が全然ついていきません。あしからず。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2012-02-02 20:59 | 南アルプスの動物 | Comments(12)

冬を迎える森に山爺現る・・

f0081726_21254639.jpg

山爺・・ののほんとしていたところを
ボクに見つかってしまいました。
寒さがグンとしみ込む夕暮れ時
じっと見つめ合う爺とぼく。
特にこれと言って何もありませんが
爺の後ろにもう1頭いたので
多分カツプルなんだなあとしみじみ・・・。
寒い季節だから暖かく恋でもしててちょうーだい。
ボクはコタツで丸くなって暖まりまつ。
[PR]
by littlealps4383 | 2011-10-05 19:26 | 南アルプスの動物 | Comments(6)

ふたたび雨・・・

f0081726_18442831.jpg

雨がふたたび降りました。
雨に打たれながら登山道を歩いた1日。
さむいったら、ありゃしない・・

[PR]
by littlealps4383 | 2011-08-25 19:09 | 南アルプスの動物 | Comments(4)

再び、はるの雪のなかで遭う

f0081726_2165748.jpg

カモシカ君、ガレ場を駆け上がる・・・


More
[PR]
by littlealps4383 | 2011-03-28 20:49 | 南アルプスの動物 | Comments(0)

陽射しが戻る森のなかで

f0081726_16272033.jpg

はるの雪が降り続いた南アルプス
太陽が雲のすき間から現れて
森のなかにヒカリが戻った。
シカさんの熱い視線を感じてしまいました・・

[PR]
by littlealps4383 | 2011-03-26 22:08 | 南アルプスの動物 | Comments(2)

梅雨の頃に想う・・・

f0081726_20563340.jpg


ちょっと前の出来事になりますが
ある山でのんびり草を食べているカモシカ君に会いました。
はる風が心地よくて、とてもすがすがしい1日。
最初は少し驚いたようですが
ボクがコケても、つまづいても
ずっと見守ってくれていました。
そろそろ山に入って
カモシカ君に会いたい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by littlealps4383 | 2010-06-14 21:03 | 南アルプスの動物 | Comments(0)

森のいろが変わり始める5月

f0081726_21392946.jpg

ドングリのたくさんなる森が
緑いろに包まれる季節です。
森を歩いていると
ヒノキの木の枝に黒いかたまりが目に入ったので
見上げてみると、もうずっと前から
こちらの気配を察知して
隠れているつもりのリスくんを見つけてしまいました。
多分、ずっと息をしていないんだと思います。ぷぷ

もうちょっと撮りやすい場所まで
出てきてくれたなら良かったんだけど・・
ま、いっか・・。

森のいろがだんだんと変わる季節。
森がふやけているように思えてなりません・・

とりとめもありませんが・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2010-05-08 18:23 | 南アルプスの動物 | Comments(6)