◎Minami-Alps.Photo.Magazine

カテゴリ:そば屋への道( 3 )

新そばが待ちどおしい満開のそば畑です

f0081726_736334.jpg

新そばの季節がもうすぐやってきます。
ちょっと曇りがちの天気のように見えますが
本当は空には青空とうろこ雲が広がっていたんです。

子どもの頃、家にお客さんや親せきが来ると
たまに駅前の大衆食堂からざるそばを出前で
取っていたような記憶があります。

ノリがのっかっていてそばをはしでつまむと
そばがひっついてざるからあがってしまうから
ちぎりながらそばつゆのなかに入れていました。
ふだん、ざるそばなんて食べれないから
そんなそばでもたいそうゴチそうな気がして
うれしいもんでした。
お相伴にあずかるとはよく言ったもんです・・。

ま、そんなことはどうでもいいんですが
涼しくなって紅葉がきれいな頃
どこかのそば屋へそば通のような顔をして
入りたいと思います・・・・。
「ざるを一皿」・・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2009-09-11 20:44 | そば屋への道 | Comments(4)

北杜市高根町手打ちそば屋「いち」

f0081726_2173363.jpg

約130年前に建てられた「明治病院」の外観はそのままに
店内はとてもオシャレな手打ちそば屋「いち」。

f0081726_22573412.jpg


f0081726_219222.jpg

玄関先には地物の野菜が・・・
ここのご主人は
山口県から高根町に移られたそうです。
ご主人もともとデザイナーだけあって
家具なんかはご趣味で作られたそうです。
店内はご主人の手作りインテリアで
とても居心地が良いレトロな空間。

店内に入ってみました。
[PR]
by littlealps4383 | 2007-01-14 18:08 | そば屋への道 | Comments(6)

北杜市長坂町 「翁」

北杜市長坂町 「翁」
ちょっと気が早いですけど
「年越しそば」を楽しむための事前準備です。
f0081726_19431482.jpg

静かな森のなかに「翁」はあります。
f0081726_19432915.jpg

明るくて清潔な店内。お客さんは全て県外車。
地元のお客さんがいませんでした。
f0081726_1943445.jpg


翁 もりそば 840円
f0081726_19584310.jpg

翁のそばは二八そばです。メニューはもりと田舎の2種類のみ。
来月になると暖かいおそばが加わります。
f0081726_21543447.jpg

リコーGRD


f0081726_21544887.jpg
北杜市長坂町清春芸術村近くに
高橋邦弘さんが移転してきたのは
昭和61年のこと。
故片倉康雄さんの「一茶庵」に師事して
昭和50年、目白に近い南長崎に
「翁」を開店。

昭和60年、都会で切り盛りしていたお店を突然閉め、
豊かな自然環境のなかで納得のいく蕎麦を打ちたい
と山梨へやってきました。
開店当初から、たちまち話題となり、
2時間待ちは当たり前が続いたのです。
この頃から、独自の哲学を磨き、
俗に「高橋名人」と呼ばれるようになりました。

その後、平成13年に広島県豊平町へ移転。
「達磨 雪花山房」を開店し、後進の教育と
週末だけの営業を始めました。

山梨の翁は、高橋名人の弟子である大橋さんが
後を受け継ぎ、蕎麦を打っています。

一茶庵系列のお店は全国的に展開しています。
山梨では、ここ長坂の「翁」と
忍野村の「天祥庵」、石和の「し奈乃」です。

たまには日本の食文化を
堪能してみるのも良いですよね。
忘れてはいけないと思います。

続きは、「まちミューの会報」で・・・。

隠れた蕎麦打ち名犬です。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-13 23:35 | そば屋への道 | Comments(7)