◎Minami-Alps.Photo.Magazine

カテゴリ:写真展( 9 )

親分、再び登場・・

f0081726_202637100.jpg

また親分に会っちまった・・・
すばらしい風格だ。
ちょっと励まされた。
くしがた山みゅーじあむ 「くしがた山は、今・・」エルクで開催中!

くしがた山フォトスケッチから

[PR]
by littlealps4383 | 2011-09-08 21:57 | 写真展 | Comments(4)

夏のこみち

f0081726_2044183.jpg

くしがた山みゅーじあむ 「くしがた山は、今・・」エルクで開催中!

くしがた山フォトスケッチから

[PR]
by littlealps4383 | 2011-09-06 21:32 | 写真展 | Comments(12)

木陰の森

f0081726_18313787.jpg

くしがた山みゅーじあむ 「くしがた山は、今・・」エルクで開催中!

くしがた山フォトスケッチから

[PR]
by littlealps4383 | 2011-09-06 07:19 | 写真展 | Comments(4)

くしがた山みゅーじあむの始まり

f0081726_18311549.jpg

展示準備が終わりました。
ちいちゃなみゅーじあむをエルクで始めました。
ささやかでシンプルですが
くしがた山歩きが楽しくなりますように。
お時間のある方はぜひ見にいらしてくださいね。
どぞ、よろしくお願いいたします。
9月30日(金)まで。火曜日は定休日です。
f0081726_1842408.jpg


f0081726_18451583.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2011-09-01 21:26 | 写真展 | Comments(4)

牧場ではぐくまれる命

f0081726_18301262.jpg

今年生まれの子ジカです。
牧場で母親を見つめてじっとたたずんでいました。
こうして小さな命が今年もたくさん生まれましたが
実はシカがものすごい勢いで増えているんです。
自然界のバランスが崩れてしまった・・・
ひと言で言えばそういうことです。

でも、常々思うことは
シカばかりに罪をかぶせるのではなく
ボクたちの生活も見直さないと
この問題は解決しないんだということ。

ということで、そんな話題も出しながら・・・

お知らせ・・・m(_)m
[PR]
by littlealps4383 | 2011-08-31 20:05 | 写真展 | Comments(2)

forst eyes ~立 春~

f0081726_2020776.jpg

今日は立春だ。
少し気になっていた通勤途中にある畑の梅の花が
とうとうほころんでた。
春は近い・・・
少し誇らしげに空を見上げてみました。
良い週末を・・。

しかし、フクロウって青空が似合わなねぇヤツだなぁ・・
[PR]
by littlealps4383 | 2011-02-04 21:36 | 写真展 | Comments(6)

forest eyes  ライチョウの住む場所

f0081726_20495336.jpg

何万年もの前の氷河期から生き続けて、
今は3000m級の山々で細々と暮らすライチョウたち。
古くから雷(らい)の鳥、神の鳥として人々の信仰の対象になっていたライチョウ。
今、日本では、北アルプスと南アルプスに生息しています。
かつては、中央アルプスや八ヶ岳、蓼科山にもいたそうですが
絶滅してしまったそうです。もちろん、富士山にもいません。

南アルプスのライチョウたちは
世界のいちばん南で暮らしています。
つまり、ここから南では生きていけないんです。
そんな絶滅が心配されているライチョウたちと出会うと
なんだかとても心が癒されます・・・。
キツネと同様、このライチョウのヒナからも
強くて弱い命の瞳を感じました。


7月下旬、ようやく卵からかえったヒナたちが
母親と一緒に過ごす時期。
母親のそばに寄り添ったり、遠くへ散歩に行ったりと
好奇心に満ちたヒナたちが誕生する微笑ましい季節。
ガスが山全体を覆って視界の効かない夕暮れ時
このヒナがいるライチョウの家族に出会いました。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2011-02-02 20:52 | 写真展 | Comments(6)

forest eyes 「野生の瞳」

f0081726_19103425.jpg

- ホンドキツネ -

今回の写真展のテーマは野生の「瞳」でした。
動物写真は、眼にピントを合わせることがとても大切なことですが
それよりも、野生動物たちの人間を見つめる眼は
時として不快感、不信感にあふれているように感じます。
ぼくたち人間の暮らしぶりをしっかり観察している「瞳」。
気づかないところで、ぼくたちは茂みのなか、森のなか
はたまた軒下から見つめられています・・・。
そんな人間を睨みつけるこのキツネの瞳が
ボクにとって忘れられない視線でした。
人間たちの傲慢な生活がアバカレル・・・

恐る恐るボクに近づくキツネ。
でも、ある一定の距離になると
そこからは絶対に近づこうとしませんでした。
そして、落ち着かない行動・・
命の駆け引きを感じたひととき。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2011-02-01 21:13 | 写真展 | Comments(6)

Thank you for everything /・・

f0081726_21582911.jpg

おかげさまで、エルクの写真展が終わりました。
やっと終わった・・ホッとしているのが正直な気持ち。
誰でもその場にいれば撮れるような駄作を並べてしまったという
懺悔の日々でした・・。
それにもかかわらず、たくさんの方々にご覧頂いて
わざわざお越しくださった皆さんに本当にありがとうと言いたいです。
中国から、安曇野から、そして県内のいろんなところから・・
「ありがとう」という言葉がたくさんあふれる1年になればいいなと思っています。
この場を借りまして、お礼とさせていただきます。
明日から、ちょっとだけ、作品をアップしますので
「あ、そんなもんか・・・」と笑ってやってください。
ありがとうございました・・・m(_)m
[PR]
by littlealps4383 | 2011-01-31 22:02 | 写真展 | Comments(4)