◎Minami-Alps.Photo.Magazine

<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

GW初日はみんなで百万本植樹運動・・・

戦後の植林が森林の荒廃を助長させているなんとも皮肉な現在の森林環境。終戦直後、日本は荒野と化し木材を必要としていました。しかし、高度経済成長とともに海外からの安価な木材が輸入され、また化石燃料の利用が急増し、これまで森林に依存していた生活が一変したのです。しかも森林を有する地域は過疎化が進み若手が林業を継承しない現実に直面しています。多くの山域では山から木を切り出しても生活が成り立たないのです。
今日は、県内の緑の少年少女隊が集合して、クヌギなど森の恵みを生む苗木を植林しました。
豊かな森林環境の回復を目指して・・・。
でも、本当はもっともっと多くの人たちが森と触れ合う機会を作るべきだと思うな。一部の関係者だけの権威的な事業より、主役は誰なんだ?って事を為政者はしっかりと理解したいよなぁ。
任せっぱなしではいけなんだよ、僕達も。お互いが尊敬できる関係を築かなきゃね。
林業の衰退や森の荒廃は単に過疎化や社会情勢ばかりが起因しているのではないと思います。
f0081726_1801892.jpg

根元に小さな小さなサクラの花が一輪ポツンと咲いていた。
f0081726_17565949.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-30 06:15 | 櫛形山 | Comments(0)

今日もお疲れ様・・・GWが始まる前の夕暮れ時ハナミズキも暮れる

全国的に明日からGW。9連休の人もいるだろうな。天気予報も一変して明日からほどよいお天気になるみたい。GWに予定を立てて出かける方は気をつけていってらっしゃい。
今日は明日のイベントのため、朝から夕方まで軽トラで走り回りました。夕方、時間を気しながらとあるお店に注文していた商品を取りに行きました。埃だらけでくしゃくしゃの作業服を着ていた僕らにジュース代と言ってお金をそっと手渡してくれたお店のおばさん、ありがとう。優しいお心使いにホッとしました。うれしかったなぁ・・。朝から気持ちを尖らせていた僕はやっと素直になれたような気がしました。お陰で準備も滞りなく済み穏やかな気持ちで職場を後にしました。
今日1日、ご苦労様でした。明日も楽しい1日でありますように。
5月は久しぶりにイヌワシを探しに行こうと思います。
f0081726_2134316.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-28 21:56 | その他 | Comments(2)

晴れた日のハナミズキが咲く通勤路

この道を歩き始めて2年目になります。
f0081726_19165660.jpg

毎日通う通勤路。トボトボ歩いて職場へ向かいます。今はハナミズキが満開の頃。
今日も色々な出来事が生まれるんだろうなと思いながら歩いています。
「おはよぅ」・・・と小さく挨拶をしました。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-28 21:19 | ふるさとの風景 | Comments(3)

銘機GRブランド「リコーGR DIGITAL」

普段カバンの中に入れておき、いつでも取り出せるコンパクトなデジカメが欲しかったんです。
一眼レフだとがさばるし、機敏性に欠ける。そして何と言ってもホンキっぽいところがいけない。
サッと取り出して何気なく日常を撮るには少々やっかいだ。
だから小さくて持ち応えのあるヤツをずっと探していました。
で、たどり着いたのがこの「リコーGR DIGITAL」。
カメラ屋で初めて見た時、コイツに憑りつかれてしまいました。マットなブラックボディにシンプルな操作パネル。一見駄菓子屋の当たりくじの賞品のような感じさえ受けるが、やはり銘機と呼ばれるにふさわしいスペック。持った感じといい、操作といい、なんつうかこう、マニアックな気持ちに浸ってしまう不思議な魅力。
この小さなボディで800万画素、単焦点28mmのGRレンズ。キレはさすが。
アナログ的な雰囲気に包まれた伝統のGRが受け継がれています。
記録する道具としてこだわりが持てる1台。
f0081726_21353346.jpg

今週からカバンの中に放り込んでいます。晴れて頼れる相棒となったわけです。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-27 18:34 | その他 | Comments(0)

爽やかに風が流れた日・・しだれ桜日和

f0081726_2110325.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-26 20:38 | ふるさと山梨市 | Comments(0)

北原金峰山洞雲寺の法要・・・

命の尊さを考えさせられるご供養。何百体ものお地蔵様が手にする鮮やかな色の風ぐるまは元気よく風を受けてます。ここではみんなが無邪気な童心に還ってゆきます。
人生は色んな痛みや悲しみがつきまといますが、こんな春の日に笑顔でお参りをするにはどれだけの時が流れたのでしょうか?毎年毎年変わらぬ想いを届けにおばあちゃん達が坂道を登ってきます。人は1年が過ぎるたびに老いを感じます。記憶も優しく老いてくれればいいんですが。やりきれない事件を聞くたび今日お参りをしていたおばあちゃん達の顔が浮かんできます。
ホウキを持ちにこやかに参道を掃きながら迎えてくれました。
ホッと語りかけてしまいそうなくらいの優しいお顔。こんなひとときに巡り逢えたのです。
春には春、夏は夏、秋には秋、そして冬。季節を感じながら生きてます。
f0081726_18561586.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-25 12:46 | ふるさと山梨市 | Comments(0)

切妻様式の屋根が残る山梨市北原集落の春・・・

山梨市牧丘の北原集落は今も切妻様式突き出し屋根が数多く残っています。集落の真ん中に大きな大きなサクラの木がありました。「生捕横手のしだれ桜」と呼んでいるそうです。
そして、そのしだれ桜をくぐるように石段を登っていくと若宮八幡社があります。昔から村人たちの願いを一心に受け止めてきたのでしょう。
甲府盆地はすでにサクラが散ってしまいましたが、ここ北原地区ではまだ満開です。小さな山村の小さな集落です。ゆるやかな坂道を歩くと里山の風と匂いに包まれやすらぐひととき。こうした里山もいつしか消えていってしまうのでしょうか。石垣にしゃがんでたおじいちゃんと少しお話をさせていただきました。おじいちゃんずっとこの村とともに生きてきたんだろう。神社も畑も石垣もあぜ道も大切な思ひ出。
f0081726_1802027.jpg
f0081726_1804249.jpg

今日も小さな灯がともる北原集落。
f0081726_181039.jpg

生捕横手のしだれ桜
f0081726_733124.jpg

f0081726_1815534.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-23 22:06 | ふるさと山梨市 | Comments(0)

たいした富士の写真ではないけど朝カーテン開けると毎日そこにいるんだよね。

朝。窓から・・・
f0081726_19382526.jpg

「おわぁよぉ・・」
「いつからそこにいたんですかぁ?」
「ずっと前からです・・・。」
「そうれすかぁ・・。」
「はぃ・・・。」
「あのぉ~寝グセが・・・すごいんですね・・。」
「あ、はぁい・・・。」
[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-21 22:13 | その他 | Comments(0)

雨のち晴れ。南アルプスにもようやく青空が戻った。

南アルプスの山々には朝からどんより灰色の雲がのしかかっていました。冷たい雨。
思い違いであれば良いのだけれど、4月に入ってから曇りや雨の日が多いような気がするのは僕だけだろうか・・・。甲府盆地は低気圧が通過すると必ず次の日は風が強いんです。
幸い午後には晴れ上がり東の空には入道雲が生まれてました。
そして伝嗣院から見守ってくださる観音さまたちもサクラの花びらに包まれていました。
何事も待てば良い結果につながるのかしら。
f0081726_21264148.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-20 23:21 | ふるさとの風景 | Comments(0)

里山の往く春を惜しむ。黄砂が甲府盆地を覆う日・・・

甲府盆地は、8日に続いて黄砂に覆われました。はるばる海を越えてやってきた黄砂。
その日は今年初めての夏日も観測した甲府気象台。サクラの花も散り、すすけた山肌がぼんやりと霞む1日でした。
あんなにお花見客で賑やかだった里山のお寺は今はもう誰も来ません。地面に落ちたたくさんの花びらも知らぬ間に消えて行ってしまうでしょう。華やかな花日和が終わりました。
サクラが再び満開になるまであと1年です。
f0081726_21235425.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2006-04-20 21:04 | 南アルプスの花 | Comments(0)