◎Minami-Alps.Photo.Magazine

<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

美しい国の安藤家住宅

美しい国、日本の風景・・
f0081726_19272711.jpg
f0081726_19273682.jpg
f0081726_19274666.jpg


今日、メールを覗いたら
「首相官邸」から1通のメールが届いていました。
ビックラこいてしまいました。
いよいよ国政もおらに頼ってきたか、
と思い、慎重に開封してみると、
実は安倍ちゃんのメルマガでした。
登録していたのを忘れていたのです。

おらもえらくビッグになったもんだんなぁ~
と一瞬思いましたが、やっぱりちっくいままのようです。

ま、だいたいの庶民ですから、
こういう地方でちっくいなりにも
生活をしているわけで
そういう名もない生活に
国から色んな情報が手元に届く
とうのは、なんともうれしいですね。
インターネットの良さを痛感します。

ということで、今夜は
糸井重里さんの「インターネット的」
でも読もうと思います・・・。

安倍ちゃんが提唱している
「美しい日本」というテーマとは
少し違うかもしれませんが
昔にもたくさん学ぶことがあって
懐かしむ心も大切なんだと
思いました。

明日から12月だす。
犬神佐清が復員するまで
あと、もう少し・・。
楽しいスケキヨくんドットコム
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-30 23:18 | 博物誌 | Comments(7)

重要文化財安藤家住宅の紅葉

f0081726_1914229.jpg


ここ2,3日、来年の予定が
次々に入ってきます。
新しい匂いがする手帳に仕事でも遊びでも
書き込んでいくのは何ともワクワクしますよね。
ま、実現できなくても、色んな
計画を書き込むのは楽しいもんです。

仕事中もついつい手帳をぱらぱら
めくってしまい、手元の新しい1年に
想いをめぐらせてしまいますね。

そういう時期なんだと思います。
師走を迎えるほんのひとときの前の日。

安藤家の紅葉だす。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-29 22:02 | 博物誌 | Comments(4)

晩秋の安藤家住宅

f0081726_1950275.jpg

ほんのり暗いお屋敷のなか。
ツヤツヤした柱に、広い居間。
その先の向こうに鮮やかな
紅葉が映ります・・。

ちょっと寒いけど
お屋敷の中の雰囲気は格別です。

実はね、この安藤家住宅、
夏に来ると、とてもヒンヤリして
気持ちがいいんです。

ついつい床の間で
風鈴とセミの声を聞きながら
昼寝をしてしまいそうになります。
昼寝が出来る重要文化財って
楽しいですよね。

日本のちゃんとした四季の過ごし方が
できる安藤家です。

犬神佐清が座しているような雰囲気です。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-28 21:21 | 博物誌 | Comments(6)

国重要文化財 晩秋の安藤家住宅

f0081726_19525817.jpg


久しぶりに安藤家を訪ねました。
宝永5年(1708)に建てられた主屋をはじめ、
広大な敷地には、
長屋門、茶室、蔵、日本庭園があります。

大きな、大きな茅葺き屋根の主屋は
どっしりとしていて壮観です。

肌寒い日、お客さんもいませんでしたが
安藤家をどぞ。

それでは、茅葺き民家をどぞ
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-26 20:07 | 博物誌 | Comments(7)

カワセミ

カワセミ  カワセミ科  Alcedo atthis 
f0081726_2065849.jpg

カワセミには
正しい、小魚の食べ方があります。

姿勢を正して、水面に向かい、
2,3度深呼吸をするように体を動かし
意識を集中させて
一気に水中へ飛び込みます。

音を立てない、水面を立てないなど
およそ、人間には分からない
厳しい作法があります。

巌流島の決闘???
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-25 22:57 | 南アルプスの鳥 | Comments(4)

山梨市八幡地区の枯露柿

f0081726_17314785.jpg


初冬の風物詩です。
枯露柿と言えば、甲州市松里地区が
あまりにも有名ですね。

柿の木から、柿がなくなったと思ったら、
こんな所にたくさんぶらさがってました。

柿の原産地は中国の長江(揚子江)流域だと言われています。
奈良時代頃に日本へ入ってきたようですね。

冷蔵庫もない時代、どうしたら
いつまでも美味しく食べられるか、
先人の知恵が今も受け継がれています。

今年お世話になった方への
お歳暮にどうぞ・・・。

今年は、柿があまり実らなかったそうです。
お邪魔させて頂いたご夫婦が色々教えてくださいました。

あ、言っておきますが、
枯露柿も苦手ですので、
もし、お歳暮をなんて考えていらっしゃる方が
いましたら、どぞ、和牛かイクラなどで
お願いいたします。

枯露柿のお宅におじゃましましたぁ
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-24 19:41 | ふるさと山梨市 | Comments(2)

山梨市大石山

f0081726_1730783.jpg

山梨市大石山は、
鳥帽子石や屏風石など奇岩群がそびえ
つつじの名所でもあります。

雨が降りそうな曇り空のなか
焚き火の煙があがってました。

田舎にはどこにもある風景ですよね。

大きなお屋敷はひっそり
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-23 22:19 | ふるさと山梨市 | Comments(4)

枯露柿のあるおうち

f0081726_2010858.jpg

南アルプス市櫛形地区上市之瀬
リコーGRD

山里には良くある風景です。
枯露柿が吊るされて軽トラがあって
畑からは焚き火の煙。
消防の詰所、火の見櫓、神社、
道祖神、庚申塔。
秋から初冬にかけて
田舎の風景がとても染みてきます。

今日は曇りがちな天気でしたが
子供たちは元気です。

坂道には
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-21 20:29 | ふるさとの風景 | Comments(5)

柿のなる田舎みち 笛吹市石和町加茂地区

f0081726_1654294.jpg


久しぶりに、柿のなる道を歩きました。
いえ、通り過ぎました。
晩秋というか、初冬との狭間で
柿の木の実が軒先に
吊るされる季節ですね。
枯露柿です。

ここ笛吹市加茂地区には、
由緒ある賀茂春日神社があります。
永正十四年(1517)の笛吹川の氾濫によって
押し流されて、その後現在の場所に再建されたそうです。

ちなみにですね、
枯露柿も好きではありません。
やっぱり、柿ピーがいちばんです。

柿・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-19 21:56 | ふるさとの風景 | Comments(5)

南アルプス市芦安の1日

軒先に唐辛子と採りたての大根が日光浴。
冬の風物詩ですね。
昔、傾いたオンボロのわが家でも
おふくろが白菜を干してました。
坂道が続く小さな谷間の集落・・。
f0081726_2002944.jpg

芦安地区では、
あまりお蔵が残されていません。
f0081726_201264.jpg


今でも井戸水を
生活に使っています。
f0081726_2011099.jpg


生活の様子が垣間見えますね。
f0081726_2071365.jpg


かつての郵便局。
小さな「〒」のマークが残されています。
f0081726_2013237.jpg


家の裏側にひっそりと祀られている
とても小さな六地蔵さま。
f0081726_2013979.jpg

リコーGRD

最後に・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2006-11-18 20:18 | ふるさとの風景 | Comments(2)