◎Minami-Alps.Photo.Magazine

<   2008年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ああ、丹波山村

f0081726_2141612.jpg

金田一さんがカッポ、カッポと
頭をかきながら歩いているような丹波山村。
事件の匂いがする・・・
ひなびたまち並みが続く青梅街道。

高校時代、奥多摩湖まで歩いた約80キロの強歩大会。
映画「夜のピクニック」のようなステキな雰囲気はま~ったくにゃいです。
淡々と男同士、夜を徹して歩きました。
そもそも男女スタート地点、出発時間は別々なので、
あんなろまんちっくな思い出なんか作れっこありません。

寒いから、新聞紙を巻けだことの
おいらん渕では幽霊が出るから
真夜中には通るなとか・・
あ~しんど・・。

無事卒業してからは、釣りと
そして、釣りが飽きた後は
魚の写真ばかり撮ってました。
なかでも、アユの写真は絶品です。
(誰も誉めてくれないので・・自分で言うしかにゃいですぅ)

f0081726_8113679.jpg

ああ・・丹波山村。

民宿ふるさとはこの先にあるそうです。

つぶやき・・
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-31 19:23 | スナップ | Comments(8)

南アルプスに住むアリンコ

f0081726_201556.jpg

南アルプスのとある林道で車を走らせていたら
道のわきにこんもりしたおやまを見つけました。

何だろうと思って車から降り、しゃがみこんだら
アリさんが一生懸命巣のなかから土や石を
運び出していたではアリ(あり)ませんか!
(一応だじゃれてます・・ね、笑ったでしょ?!)

昨日だったか、民放のニュース番組のなかで
外国からやって来たアリが、数を増やして
日本にいるアリをいぢめてるという話題を聞きました。
外国のアリは、繁殖力が強くて、攻撃的で、
種類によっては毒があるんだそうです。

南アルプスにもやがてやってきてしまうんでしょうか。
そんな心配をよそに
次から次へと土を運び出すアリさんたち。

あまり虫は撮らないんですが
しばらく、地面にはいつくばって
アリさんに声援を送っていました。
ん~無心に運んでるな。

f0081726_2015459.jpg


頑張ってね、アリさん。
あ、そういえば、名前を聞くのを忘れてしまいました。
ま、いいか。

それにしても雨とか降って埋まってしまったら
またイチからやり直すんだろうか・・。

何事も日々積み重ねじゃな・・。
さすが、アリさん、哲学的だ。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-30 20:40 | 南アルプスの動物 | Comments(6)

カブの思ひ出

f0081726_2059439.jpg

今週はあまり、お外で遊べないので
カブが2台あった家の前を
わけもなく撮ったものをのっけておきます。
こういう意味のない日もたくさんあります。

かすかな記憶ですけど
我が家でも昔はカブがあって
一度、二度、カブの後ろに乗ったのを覚えています。

雲取山登山口には
かつて旅館だった民家が
たくさんありました。
ひなびたまちといえば
怒られてしまうかもしれませんが
甲府では感じられない
空気が流れていました。

f0081726_213033.jpg

静かな青梅街道沿いの民家。
反対側は奥多摩湖です。



青梅街道にて
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-29 21:45 | スナップ | Comments(6)

丘の向こうに八ヶ岳

f0081726_2194578.jpg



すでに季節は通り過ぎてしまっていますが
こんな北海道のような風景が
山梨の近くに広がっているから
毎年楽しみにしています。

深呼吸が気持ちが良い季節で
野辺山はだいぶ深い緑に移り変わってきました。

八ヶ岳も先日の雨で
だいぶ雪が溶けたみたい。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-28 21:10 | 野辺山の四季 | Comments(0)

雨の日のノビタキ

f0081726_119391.jpg

霧深い雨の日の野辺山には誰もいません。
遠くから少しだけ小鳥たちのさえずりが
聞こえています。

上を見上げると
電線にはカッコウを3羽見つけました。
そのうちの1羽は、大好きな毛虫をくわえていました。
くわえたまま少々手荒に振り回し
毛むくじゃらの毛虫くんを丸呑み。

おなかの中にたどりつくまで
イガイガしないのだろうかと
ちょっと余計な心配をしてしまいます。

帰り際、柵にいたノビタキのメス。
物思いにふけっているみたいで
気の抜けた顔でポツンとしていました。

少しかたむいたまま
じっと何かを見ていました・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-26 20:08 | 野辺山の四季 | Comments(4)

タンポポ咲く野道

f0081726_14144973.jpg

黄色い花がたくさん咲いているな・・
そばに行って見てみた。

野辺山は開拓碑がいっぱいあって
拓かれた土地だから
セ、セイヨウタンポポが、お、おおいンだな・・
とテレビにつられてしまい
か、かってに、お、おもってみたンだな。

f0081726_19583659.jpg


残念ながら、
もうすべて、綿帽子になって
どこかへ飛んでいっちゃいました。
あっという間の春だったんだな・・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-25 20:00 | 野辺山の四季 | Comments(0)

春の野辺山

f0081726_14173440.jpg

まだたくさん雪が残る八ヶ岳を
畑道にしゃがみこんで覗いてみました。
週末はなかなか青空が見えそうもありませんが
少しだけ思い浮かべながら
元気に過ごしたいなぁ・・・。


風とノビタキとカッコウがむかえてくれる
野辺山高原の畑道にて。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-24 22:04 | 野辺山の四季 | Comments(10)

森のなかのこみち

f0081726_2162071.jpg



櫛形山林道を見晴らし台へ向かい
平成峡にちょっくら立ち寄ります。
沢沿いのサラサラした水の感触に誘われて
ついつい森を歩きたくなってしまいました。

お天気の良い日は木漏れ日がいい感じでですね。
まさしく森林浴です。

えっと、写真ではちょっと分かりづらいんですが
割といい匂いがします。
座ると落ち葉のクッションが優しいです。
じっとしていると、そこはかとなく、森の生き物が通り過ぎていきます。
たまにギョッ!とするときもありますが、ま、ご愛嬌。

カエデの老木がまた新しい葉っぱをつけました。
f0081726_2163796.jpg


帰り際、木の橋をわたろうとしたところ
ミソサザイさんが、大きな口をあけて
さえずっていました。
f0081726_20415042.jpg

ボクがそこにいることに
何か文句があったのかなぁ・・
なかなかどいてくれません。
この場所ではミソサザイのほうが
人間より格上なんですかね。
かなりいばってました。

そのさえずりを文字には出来ませんが
なかなかこぶしがきいててステキです。
三十三才・・・でミソサザイです。
三十路・・・?

平成峡は、八千代の滝、千代の滝、白龍の滝、水神の滝が楽しめます。
ぜひ、避暑を兼ねて・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-23 22:13 | 櫛形山 | Comments(8)

森のみちに咲くイチリンソウ

f0081726_20321989.jpg

ニリンソウよりもおっきい。
森のなかで、ニリンソウにまじって
ポツポツ咲いているイチリンソウ。
森のなかに陽が差し込むと
だんだんに花が開きます。

なかなか寝坊すけマイペースです。
f0081726_2033194.jpg

週末は天気がいまいちみたいです。
雨の日の森を見に出かけましょうかね。

心が癒される森のなか。

良い週末を・・・
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-23 21:21 | 櫛形山 | Comments(4)

1本のカツラの木

f0081726_2218289.jpg


櫛形山の平成峡に
1本のカツラの木が生きています。
まっすぐに、屈せずに
空へ向かって生きるカツラの木。
そのさっそうな姿に
森が支配されています。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2008-05-22 21:08 | 櫛形山 | Comments(6)