◎Minami-Alps.Photo.Magazine

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

最後にブナのはなし

f0081726_23101553.jpg

翌週再び、大菩薩のブナの木に会いに行きました。
新聞の番組欄下の週間予報では
ずっと太陽のマークが出ていたので安心していたんです。

ところが、当日は朝から曇り空。
現地に着けば、ガスが時折目の前をさえぎったりして
なかなか予報どおりとはいかなかったです。

あれから1週間・・
早いもので、黄色いブナの黄葉が
茶色になってました。

それに冷たい風に吹かれて
どんどん葉っぱが地面に落ちています。
ブナも冬支度です。

ところで、大きなブナの木の幹に
根っこのあたりです。
小さなブナの実を見つけました。
ここで実をつけたのか
それとも、上から落ちた実がたまたまくっついたのか
つまんで確かめたくなりましたが
かわいそうなので、そのままにしました。

いよいよ11月・・
部屋のカレンダーもあと1枚になりました。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-31 21:14 | ふるさとの風景 | Comments(6)

落ち葉のひととき

f0081726_2145583.jpg


ちょうど、ここは大きなブナの木の下で
夏だったら、お弁当を食べたり、木かげでひと休みする
いい場所なんですが、秋が深まると
こうして落ち葉が腰掛けてたりします。

色々な種類の葉っぱがのっかっていたりして
それを見るだけでも楽しい秋の日でした。

もちろん、大菩薩です。

9月に仙丈ケ岳で骨折した
指の付け根がやっとこさくっつきました。
お医者さんにもう治療はおしまい、
来なくていいよと言われました。

来なくていいよ・・と言われると行きたくなる性分ですが
ま、完治してホッとしています。

ことしは良く骨を折りました。
ホントの骨も色々な骨も・・あはは。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-30 21:12 | ふるさと山梨市 | Comments(5)

ブナの気持ち・・・

f0081726_21472377.jpg


大菩薩登山の入口
長衛荘の向かい側にある
ネコの額ほどのブナの林です。 

ブナの実は動物たちにとって
冬を迎える前のご馳走だそうです。
でも、豊作と凶作の年がやってきて
ブナの実がならない年には
たくさんの動物たちが命を落とすそうです。

ブナはそうやって動物の世界を
調整しているともいいます。

増え過ぎても困るし
少なくなり過ぎても困るし

何事もブナからの教えは大事にしたいと思いました。

昨日、久しぶりに東京で夕立に遭いました。
近くでカミナリが落ちたりして
轟音と重苦しい雲に覆われた東京は怖かったです。

More
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-28 22:03 | ふるさと山梨市 | Comments(6)

大菩薩の大きなブナの木

f0081726_21331813.jpg

先週の日曜日、大菩薩登山の入口
長衛荘の近くのブナの木に会いました。
1本の木の周りを何度も廻っては
ブナの表情を眺めてしまいました。

どっしり大地に踏み込んだ根はたくましい。
見れば見るほど、ブナが生きてきた時間が
伝わってくるようです。

ブナとボクの寿命を比べたら
きっとブナの方が長生きなんだと思います。
これからもきっと。

そう思ったら生きているうちにこのブナの木に
出会えてよかったなと感動してしまいました。

今日はあいにくの曇り空でした。
大菩薩の紅葉は満開です。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-25 19:21 | ふるさと山梨市 | Comments(6)

大菩薩のブナ模様

f0081726_21233756.jpg

昨日から、どんより曇って雨が良く降りました。
きっと北岳では雪なんだろうなと
期待をして北岳山荘に電話で確認したら
雨が降っています・・という返答だった・・・ダメぢゃん。
気温は6℃。平年よりあったかい1日だという。

そういえば、この前から少し暖かいような・・
素直に冷え込んで、このまま冬が来るかと思ったら
ひと休みといったところです。

天気もはじめの週間予報では
雨マークだったんですが
どうやら週末はお出掛け日和。

ボクは東へ向かいます。

良い週末を・・・m(_)m


写真は甲州市大和から大菩薩に向かう
林道にあったひときわ大きいブナの木でした。
ひとりだけ、冬らしくなっちまって・・。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-24 21:44 | ふるさと山梨市 | Comments(4)

南アルプスにもイエティが??

f0081726_12265413.jpg


どうでもいい話ですが(だいたひかるか・・)
ヒマラヤで日本人の登山家たちで構成する捜索隊が
イエティ(雪男)の足跡を見つけたそうだ。
そんな新聞の記事を朝から食い入るように読んでしまった。


子どもの頃、テレビで雪男らしい映像を見てワクワクしたけど
それは大人の楽しいいたずらだったりして
なんとなく記憶から消えていました。

でも、驚きました。
真剣に今でもイエティ(雪男)を探している日本人の登山家たちがいたなんて。
それに足跡らしいものが写っている写真には
「Yeti Project Japan」と書いてあるではないか。

雪男が本当にいるかどうかはわからないけど
大人がそういう夢に夢中で取り組んでいるのがうれしいです。
ばかばかしいと思ってしまったらそれでおしまい。

ボクが登れるのはせいぜい3,000m級。
山や森に入っては森のクマさんに会うのを楽しみにしているけど
真剣に南アルプスでニホンオオカミでも探してみようか・・

と全然関係ない甲斐駒ケ岳です。
もう紅葉は見納めの頃です。
今日は雨。
今頃は花崗岩に白い雪が積もってるかもしれません。


南アルプスにも何か得体の知れないものがいるかもしれないなぁ・・・

More
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-23 21:15 | 南アルプスの山 | Comments(4)

真っ赤なカエデ

f0081726_2223093.jpg

少し色合いが乏しい写真が続きました。
せっかくの秋なので
鮮やかなハウチワカエデの赤を取り出してきました。

くしがた山もひとシーズン終えて
今は登る人も少なくなりました。

落ち葉がいっぱいの道を歩いて
しっとりした森のなかはとても静かです。

時折、咲き残ったヤマトリカブトの花や
マツムシソウを見つけます。
冬支度に間に合うのかちょっと心配になりました。
寝坊したのか、晩熟型なのか、良く分かりませんが
周囲の移ろいに比べ、ちょっとはみ出しているようです。

カラマツ林のなかで、ひときわ「赤」が目に映りました。
まさにくしがた山の「紅葉」です。

f0081726_22235388.jpg

[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-21 22:24 | 櫛形山 | Comments(6)

アサヨ峰から富士を見た・・・

f0081726_20505352.jpg

世の中、色々あるようですが
こんな場所から富士を見て
下にはサラサラと水が流れている
そういう単純なしくみのなかで
過ごすのがたまには必要です。

でっかい場所が少なくなってきて
みんな疲れちゃっているんだろうなぁ・・


アサヨ峰から広河原を見下ろして
雪化粧の富士山を見上げたら
風が吹いてきました。

南アルプスの高い場所は
今年も長い冬がやってきたようです。

f0081726_2051012.jpg

アサヨ峰から出来るだけ富士山に近づいてみました。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-20 21:37 | 南アルプスの山 | Comments(3)

アサヨ峰から初冬の北岳

f0081726_9322751.jpg

午前5時40分発のバスに乗って、広河原へ。
広河原で北沢峠行きのバスに乗り換え
南アルプスの奥へ向かいました。

午前7時過ぎに北沢峠に着いて
外へ出ると、さぶい、さぶい。
秋なんてどこかに吹っ飛んでて
すでに冬でした。
林道の落ち葉のカサカサした音が寂しいです。

甲斐駒ケ岳の南側に栗沢山があります。
標高2714m。登っているときは汗がでるほど暑くて
立ち止まると一瞬にして寒くなりました。
で、寒いのはイヤなのでひたすら歩き続けます。

そこからアサヨ峰に向かいました。
ゴツゴツした岩山のピークを越え
山頂に立つと、逆光のなか
雪をかぶった北岳が見えました。

そろそろお昼時。
いちばん日当たりの良い場所で
しばらく日なたぼっこをしながらの昼食。

甲斐駒ケ岳とは違ってほとんど人がこないアサヨ峰で
空も山も風も空もひとりじめ。
にっぽんいちの富士もほんのり雪化粧・・
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-19 20:05 | 南アルプスの山 | Comments(10)

森のなかの落ち葉のみち

f0081726_20433347.jpg

週末に秋を見つけにいらっしゃい。
[PR]
by littlealps4383 | 2008-10-17 19:50 | ふるさと山梨市 | Comments(2)