◎Minami-Alps.Photo.Magazine

仲良く並んでウサギギク

ウサギギク  キク科 Arnica unalaschkensis var. tschonoskyi
f0081726_2141097.jpg

2005年9月間ノ岳周辺




いよいよ8月も残すところあとわずかになってしまいました。
明日からライチョウ会議静岡大会です。

はぁ~正直人の話を聞いているのは
とっても苦手なんだけどなぁ。
いちおう顔だけでも出しておくかな。難しいお話は苦手だし。

そんで、9月第1週は定例のライチョウ調査がやってくる・・・。
毎年9月の調査は悪天候に悩まされ続けています。
今年は天候不順だし、
暴風雨のなかひたすら歩き続けるのでしょうか。
やだなぁ~さぶいし。
中ちゃんの「さ、行きましょ。」という淡白でそっけない表情が目に浮かぶ。

プチギックリ腰を早く治さないと
重い機材の入ったリュックしょって登れないしなぁ。
よわったなぁ。ど~すりゃぁいいずらかぁ~。と甲州弁が入ります。

お陰で、筋トレにも行けんぢゃん。
体がじょうぶなまっちまった・・・。
そんなプチ腰痛に悩んでいたら、
まっすぐピンと伸びているウサギギクを思い出しましたので
ついつい紹介してしまいます。(ちと曲がっているか)

写真は去年9月のライチョウ調査の折
間ノ岳山頂付近で撮影したウサギギク。
高山でのほほんと首を長くして咲いています。
手を叩くと踊りだしそうな花。

かたわらでは、ライチョウが人の目も気にせず、
キバナシャクナゲを夢中で食べていました。

そのかたわらでボクらは農鳥小屋のお弁当。
知る人ぞ知る農鳥小屋ブランド。
そのお弁当の不思議な魅力に
取りつかれた昼のひとときでしたぁ。
[PR]
by littlealps4383 | 2006-08-25 16:39 | 南アルプスの花 | Comments(0)